正文卷 第732章 眼不见心不烦(4月700的加更)

    6月的六谷市已经很热,尤其是晴天正午时分。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    毋庸置疑,小龙虾的旺季已经到来,而周安筹备中的另三家新店,也在6月份陆续开业。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这三家分店分别位于六谷市的铁山区、锣鼓区和六谷区,加上之前最先开业的九连区分店,周安今年计划中的四家分店,已经全部开业。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    如果再加上今年之前,他已经成功在六谷市开业的三家分店,如今他在六谷市市区的分店已经达到7个。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    明湖区新百商业街的1号分店、明湖区龙马巷的2号分店、滨江区美食城的3号分店,九连区的4号分店、铁山区的5号分店、锣鼓区的6号分店、六谷区的7号分店。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    至此,六谷市六区一镇,除了雨花镇,每个区他都有至少一家分店。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    再算上银马县美食城老店的话,他名下的小龙虾店,已经有8家。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    如果再算上他和沈金珂等人合股的新庄味园,数量就更多了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这一年,他19岁,他重生回来的第3年,对于自己这三年来做出的成绩,夜深人静的时候,周安也挺有几分自得。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    虽然他目前取得的这点成绩,对于真正的大佬来说,不值一提,但他自己很知足。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    他学历不高,重生前也就是个失意的厨师,做厨师的那些年,别的行业他也没怎么关注,重生回来,能凭一点厨艺,做到这一步,他觉得应该还算可以。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    只是,事业上的成功,并不能改变曲艳阳依然在放飞自我的现实。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    6月份,随着小龙虾的旺季到来,以及他名下店面数量暴增,周安每天已经忙得脚后跟打后脑勺,但令他无语的是——曲艳阳依然故我,每天晚上她还是9点准时下班。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    曾经他以为她是他的贤内助,如今,他一点都不这么觉得了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    见她每天依然9点准时下班,周安越来越觉得这女人是不是有点不识大体?
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    今年这时候正是我生意最忙的时候,你还跟我没完没了的耍小性子?
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    我已经那般放低姿态,讨好你了,你还不能消气?
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    而且,眼看就要6月底了,她还在跟他守身如玉,除了月初让他连续过了四天没羞没臊的日子,这个月眼看就要过完了,她竟然再也不许他碰。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这事,他每次想起,心里就郁闷得不行。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这算怎么回事?
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    就算恃宠而骄,你也得让我宠幸几次啊,一不给宠幸,二不帮我打理生意,你凭什么还这么骄傲?这么放飞自我?
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    见她依然没有改变的迹象,6月底的某天凌晨,下班时,周安忽然对开车回明湖佳苑的梁宇说:“宇哥,回老家吧!今晚回老家住!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “现在?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    一向是周安说去哪里,就把车往哪里开的梁宇这次难得地表示诧异。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “嗯,现在!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    周安点头。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “已经快两点了……”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    梁宇忍不住再次提醒他。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    周安:“我知道,开吧!老家!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    梁宇通过车内观后镜看了看他,默默点头,下意识将油门踩深了些,车速立即上升一截。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    做下这个决定的时候,周安想的是眼不见心不烦。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    曲艳阳最近的傲娇,已经令他生厌,他不想再天天和她同床共枕了,宁愿凌晨时分开车回银马县的老家。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    同时,他心里也决定了,从明天开始,每天先巡视市里的几家店,12点之后就动身回银马县,看一眼老店的情况,就回老家休息。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    至于明湖佳苑那套房子,他短期内是不想回去了,曲艳阳想放飞自我,那就让她飞个够,看她能飞到什么时候。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    ……
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    次日清晨。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    明湖佳苑6栋1202,曲艳阳卧室。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    曲艳阳像往常一样醒来,眼睛还没睁,就先惬意地伸了个懒腰,睁眼的时候,眼里和嘴角已经洋溢着神清气爽的笑意。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    习惯性转脸往旁边看了眼,她笑容又浓了些。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    身边没有周安,她估计他今天应该又提前起床给她准备早餐去了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “不错!还挺有耐心的……”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    满意地自语着,她起床穿衣,片刻后,趿着拖鞋打着哈欠从卧室出来,一出来,她就嗅了嗅鼻子,想闻闻今天有什么香气。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    结果……
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    她眉头微蹙,眼神疑惑,好像什么香气都没闻到?
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    于是她又嗅了嗅鼻子。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    她眉头皱得更紧了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “难道香气还没烧出来?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    疑惑自语着,她快步走向厨房。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    快步来到厨房门口,看见厨房里并没有周安的身影,看见厨房里冷锅冷灶的,一点都没有人动过的迹象,曲艳阳呆在那儿。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “人呢?难道出去买早点了?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    自语着,皱眉想了一会,她忽然快步回卧室,冲进卧室,她第一时间盯着床上看,看平时周安睡的那半边床,越看她眉头就皱得越紧。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    因为他每天睡的那半边床,今天并没有睡过的样子。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “他昨晚没回来?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “不会出什么事了吧?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    想到这里,她赶紧走到床头柜那儿,拿起手机拨通周安的电话,电话拨通了,但那边却一直没人接听。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    一次没人接,曲艳阳就拨第二次,第二次依然没人接,她又拨第三次。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    一连三次都没人接听,她脸色已经开始发白,眼神焦急而慌乱。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    慌乱地在床边走来走去,嘴里念念有词:“怎么没人接?怎么会没人接呢?电话既然通了,为什么没人接?出什么事了?不会真出什么事了吧?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    忽然,她走来走去的脚步一停,眼睛一亮,赶紧再用手机拨号,这次拨的是梁宇号码。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这次号码拨出去没一会儿,那边就接听了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “喂?曲姐?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    电话里是梁宇的声音。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    曲艳阳本来是一只手拿手机的,一听见梁宇声音,另一只手就立即也握住手机,急急地问:“梁宇!安子呢?他昨晚怎么没回来?他、他没出什么事吧?对、对了,你呢?你昨晚回来了没有?你现在在哪儿?你知道他现在在哪儿吗?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    一口气,她问出一连串问题。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    电话那头梁宇静了片刻,叹了口气说:“他没事,我们昨晚回老家了,他现在应该在睡觉吧!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “睡觉?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    曲艳阳呆了呆,疑惑:“那我刚才打他电话,他为什么一直没接?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    梁宇:“这我就不知道了,他没接吗?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土



书阁网欢迎您,请记住我们网址

注册成为书阁网会员,点击这里
推荐票票        加入书架        翻上页      回目录      翻下页        加入书签        返回首页